BRANDING - ブランディング -



BRAND

- ブランドとは -
人の心を引き付けるオンリーワンな個性(イメージ)

ブランドと聞くと高級ブランドのシャネル等のロゴマークが思い浮かぶ人が多いと思います。

しかし、ブランドの定義としては高価であるモノ・希少であるコトに留まりません。

例えば、「コーラといえば?」「宅配便といえば?」「ゲームといえば?」と言うように、

直接名前を呼ばなくても連想できる企業・商品・サービスの名称があるはずです。

顧客を魅了するオンリーワンな個性(イメージ)がブランドの定義に当てはまると考えます。



BRANDING

- ブランディングとは -
価値あるモノを創り、価値あるコトへ繋げる活動

今までに存在しない個性を創る。
情報や物が溢れている社会の中でどうやってオンリーワンの個性を見つけるのか?ブランドを創るというと難い、、、と思うかもしれません。

視野を広げて視点を変えれば実現したい理想像や市場の需要と供給にもよりますが、必ず自分だけが持つ魅力あるブランドを作ることができます。

例えば、「パソコン+レンタル」のように複数の商品やサービスのイメージを繋げたり、地域やコミュニティに密着したりと少し視点を変えてみるだけでもオリジナルのブランドになるのです。

そして、その中でもより少ない言葉とイメージで自分の魅力をアピールする活動が「ブランディング」の醍醐味ではないかと考えております。

近年では若者や観光などの消費の需要が「モノ消費」から「コト消費」に移り、イベントや体験を重視していますが、完全に「モノ消費」がなくなる訳ではありません。

デザインハーツは価値あるモノ(企業・商品・サービス)と価値あるコト(体験)をクライアントと共に共創しブランディングの成功に繋げます。



FLOW

- ブランディングの流れ -
変化に合わせてブランディングを継続する
現状の企業・商品・サービスの状態をしっかり把握し、クライアントと共通認識をすり合わせます。 具体的には
  • 顧客のメインターゲットは?
  • 顧客の悩みは何か?
  • 現状の問題点・改善点はあるか?
  • 強み=差別化の元はあるか?
  • 競合他社はいないのか?
  • コンセプト
さらに、Webマーケティングの調査・分析を行い、より具体的な数値を元に現状を把握します。

現状の情報の把握ができたら次に情報を整理し、提供する価値を可視化します。

提供する価値とは顧客が企業・商品・サービスを選ぶメリットです。 

コンセプトやターゲット、提供する価値を戦略プランとしてまとめて提案し選定します。

②で選定した戦略プランを元に戦術となる実行プラン(具体的な施策の実行)を決めます。

差別化する戦略プランを実行する上でコンセプトやターゲットと強みが決まっても、それを具体的にどう顧客に届けるのか?が固まっていなければ顧客には認知されません。

 

PDCAは実行できているか確認します。

 P=plan
 D=do
 C=check
 A=action

ブランド構築は一度実施すれば、終わりということには絶対になりません。
また、最初に想定した戦略がそのまま成功するということもほとんどありません。

時代ととともに、マーケティングの需要と供給、顧客であるターゲットは変化します。そのため、ブランディングは「ing」であり継続なのです。

成功率を上げるためにも変化に合わせてブランディングを継続する必要があります。